<< 種ヒロインよ、永遠に!! | main | 燃(萌)えろ!弓道!!〜コミニュケーション?コミュニケーション?どっちでもええわ!!〜 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

燃(萌)えろ!弓道!!〜ムダに勝運〜

ダメ管理人のため1週間かかってしまったよ(あーあ

後編、いきまつよーヽ(´ー`)
休憩が終わり、女子個人の順番をまつために再び会場へ。

ねみぃ〜・・・・・゚o。( ̄  ̄)ウトウト

ポカポカ陽気に包まれて睡魔とまたもや格闘。
ちゃんと試合見ろ、自分。
それにカッコイイメガネの人(いわゆるメガネ男子)をまなみと
探す始末。集中力まるで無し。

オ○エンタル○ジオあっちゃん似のメガネ男子を見つけて(漏れが)ニヤニヤしながら話していると、隣にいた先輩からいきなり、

先輩「二人(まなみと漏れ)ならちゃんとできそうだから、アナウンスしてもらうよ。次、ウチの高校の番だから。」

は・・・?あなうんす!!!!!!?

(゜Д゜)〈〈説明しよう!〉
アナウンスとは、試合で弓を射る高校の名前を射場順に読み上げる、大切な役目なのだ。もちろんその場で言うだけではなく、会場全体にアナウンスは響きわたるぞ。

うぉいおいおいおいおいおい((((((゜Д゜;))))))
なんで私達なんだー!!他にもいるだろがー!?
・・・と訊きたいところだったが小心者のためにダンマリ。
否定できないまま、話は進む。

先輩「どっちか一人。じゃんけんで勝った方ね。」
ひぃぃぃぃぃ!!しかも一人かよぉぉぉ!!
人前(発表とか)で絶対噛む私にとってはこの勝負、

勝ってはならない!!!!

「「最初はグー・・ジャンケンポン!!」」


・・・ハイ、見事に勝ちました(泣
こんな時だけ運が強い自分を呪う・・・。

先輩「じゃあ咲見さんね。ちょっと着いてきて。」
咲「は、はぁ・・。」
放心状態のまま生返事を返し先輩に着いていき、一階へおりますた。

っておいおい、聞いてないぞ!!(゜Д゜)
射場にアナウンスする人も入るなんて!!
てっきり別室で射場を見ながらすると思っていたのに!!
手汗ゲージ急上昇。心臓バクバク。

まず、一緒にアナウンスをやることになった二年の先輩がお手本を見せてくれますた。

『第一射場○○(高校名)、第二射場△△(中略)第四射場□□です。』

うわー・・・めちゃくちゃハキハキしてて聞きやすかったなぁ。
も、漏れもががが頑ばらなきゃな!!(゜∀゜)=3
この時点で握っていたハンカチ、よれよれ。

マイクを手渡されいざ、本格アナウンス!!

『だ・・・第一しゃでょう○○、第二射場△△、第三射場・・・××、第四射場□□・・・・・・です』

か、噛んだ━━━━orz

や っ て し ま っ た い
「しゃでょう」ってなんだよorz
妙な間ができちゃったし。

先輩には「ドンマイ・・・」みたいな呆れ顔されますた。
ホント、スイマセンorz

気を取り直して二回目。

やっぱ、先輩はうまいすなぁ。ユー、アナウンサーになっちゃいなよ。
んでもって漏れの番、

第一射場○○・・・あれ?二射場△△、第三射場、第四射場□□です。

マイクに声が入ってナカタ━━━━orz

先輩のドンマイ顔、再び。
もう帰りたい。


・・・・結局、三回目でようやくと言えました。
最後の四回目にいたっては小声で先輩が「よしっ!!」と言ってくれるほど、完璧に言えたのですよ!!!*。・+*。・´∀`)ノワーイ
咲見の経験値が68上がった!!(ピロピロリーン
ホクホクしてたら二階に戻る階段で気が緩み、つまずいってしまったよ。

二階でずっと待っていてくれたまなみに感想を訊いてみると
「面白かったよ( ̄ー ̄)ニヤリ」

・・・・・(´・ω・`;)一応、良かったのかな(良かねーヨ

とまぁそんな試練を終え、大会は終了。
一年生はその日だけで帰ったが、二、三年生は次の日もあるとか。

大会が終わった時には、もう18時をまわっていて、とても広島の町で遊べる余裕なんてありませんでした(´・ω・`)ショボン
あぁでも、駅で電車を待つ間、本屋でデスノ、ブリーチ、リボーンをゲト!!!電車の中で読むぞォォォ!!(´∀`)ウハウハ




帰りの電車の中で見た、紅い夕日がやけに綺麗でした。








posted by: 咲見しっぽ | 慣れない高校生活 | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 20:10 | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://i-can-fly-sky.jugem.jp/trackback/115